ガートナーリサーチレポート:「イベント思考」に向けたイノベーションイ・ンサイト

「イベント思考」は、組織が本物のデジタルビジネストランスフォーメーションの準備を整える文化的の変化です。 デジタルビジネス変革に携わるアプリケーションのリーダーは、IT分野でのイベント思考を実践し、それをビジネスリーダーに支持する必要があります。
 

概要 (Highlights)

  • 多くのデジタルビジネストランスフォーメーションはイベント認識を必要とし、イベントドリブンシステムによって提供される敏捷性の種類に依存します。
  • ほとんどの組織には、自社のビジネスとITがイベントドリブン型と考える文化、又はイベントの認識がありません。
  • 高生産性のツールがない場合、イベントドリブン型の相互作用を概念化、設計、管理するのは困難であり、新しい考え方が必要になります。準備と利用可能なスキルの現実的な評価なしで試みられた場合、初期の取り組みは失敗するか失望する可能性があります。
  • 大抵の組織が、イベントドリブン型設計のためのテクノロジーはいくつか持っているが、イベント思考のビジョンは不足しています。 そのため、戦略的に適用したり、ビジネス革新のモデルと見なしたりする組織は数社しかありません。